Skip to content →

2019年の新作iPhoneはLightningケーブル廃止が濃厚


Lightningケーブルを廃止し、その次はUSB Type-C

またケーブル業界が儲かりそうな話ですけど、便利になるならしょうがない。

新しいiPhoneがどうなるのか期待するか。

今人気のある商品をcheck

 

2019年モデルのiPhoneやiPadが、Lightning端子ではなくUSB Type-C(USB-C)端子を搭載すると、サプライチェーン関係の情報に詳しい台湾メディアDigiTimesが報じています。

2019年のiPhoneはUSB-C端子搭載、2018年の充電器に変化なし

DigiTimesは、2019年にAppleがiPhoneやiPadの充電用端子がUSB-C形式になると、「アナログICベンダー」関係者からの情報として伝えています。
 
同メディアは、2018年のiPhoneにUSB-C方式の充電アダプタが同梱されることはない、とも主張しています。
 
現在、MacBookとMacBook ProシリーズはすでにUSB-C端子を採用していますが、iPhoneとiPadにはAppleの独自規格であるLightning端子が用いられています。

以前から繰り返される同様の報道

同様の情報は、2017年2月に米Wall Street Journalが「2017年のiPhoneにUSB-C端子が搭載される」と報じているほか、以前から数多くの噂がありました。
 
2017年秋に発売されたiPhone X、iPhone8/8 Plusには引き続きLightning端子が搭載されましたが、USB-C充電アダプタを使った高速充電に対応しています。

2019年のiPhoneにUSB-C方式の充電器同梱、の意味か?

米メディアMacRumorsは、DigiTimesの報道を懐疑的に報じながら、もしかすると、今回報じられているのは、2019年のiPhoneにUSB-C方式の高速充電対応アダプタが同梱されるという意味なのではないか、と指摘しています。
 
今年5月には、今秋発売のiPhoneに18W USB-C電源アダプタと対応ケーブルが同梱される、と報じられたほか、USB-CーLightningアダプタのものとされるCAD画像が流出して話題となりました。

 
 
Source:DigiTimesMacRumors

高速充電がどのレベルなのか気になりどころです。

電池やバッテリーに革命が起きそうな感じもするのでLightningケーブルはそろそろオワコンになっていく事を予期しているのかもしれませんね。

 

 

 

今1番人気の家電check

Published in ニュース

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。